夏休み明けに学校に行きたくなくなる子どもの気持ちとは?


わんらいふ福岡 副代表の三村です。

 

 

学校に通う子どもにとって夏休みは一年で最も楽しみにしている時期ではないでしょうか。

しかし、親(特にお母さん)にとってはお昼ご飯を作ったりと面倒を見る時間が増えるので、素直に喜べないかもしれません。

そうした親と子でそれぞれ思う夏休みが終わるといよいよ2学期がスタートします。

そこで親子共に不安になるのが2学期最初の学校生活です。

どの子どもが経験した事であるだろう夏休み終わりの寂しさや学校の不安。

これは誰でも起こり得て健全な感情だと思います。

 

しかし、その不安や悩みの深さによっては子どもだけで抱える事のないよう、親や学校の先生などで見守りサポートする必要がでてくるのです。

もし夏休み前の一般的な不安や拒否であればいいのですが、もしその深さや深刻さに気付かずにそのままにしておくと、2学期の学校生活に行き詰まり不登校になる可能性が出てきます。

子どもが学校に行きたくなくなる要因として考えられるのは、いじめ、対先生、対クラスメイト、部活、勉強、友人関係などの悪化やトラブル等です。

要は学校に子どもが安心できる時間と場所が無い事が深刻な不安を引き起こす要因と言っていいでしょう。

 

特に夏休みが終わりに向かう1,2週間前から子どもの様子を観察しできるだけコミュニケーションを取り、子どもに頼られる存在として関係を作っていきましょう。

より具体的で詳しい夏休み明けの不登校の理由や対応方法について、私が運営している不登校ブログにて解説していきます。

気になる方はこちらをクリックして続きをご覧ください。

↓  ↓  ↓

⇒不登校ブログで夏休み明けに学校に行きたくなくなる子どもの気持ちを見る