不登校・引きこもりの居場所(ピースフル)でたこやきをしました♪


わんらいふ福岡 副代表の三村です。

 

 

今日は福岡市こども総合相談センター(えがお館)の思春期支援事業で開かれている、「ピースフル」というおおむね15歳~20歳までの不登校・引きこもりの方の居場所活動に臨時スタッフとして参加してきました。

⇒福岡市こども総合相談センター(えがお館)ピースフルの詳しい内容はこちら

 

今回はたこやきをみんなで作ろう!という企画で、お部屋にたこ焼きを焼けるホットプレートと、材料にたこ、ウインナー、小麦粉、山芋、卵などに加え、ホットケーキの粉も用意しました。

 

 

今回の企画に集まった人数は、男の子4人。女の子2人。それに私ともう一人のスタッフに、女性スタッフと心理の先生が2人お手伝いで来てくれました。

 

さっそくたこ焼きを焼きたい所ですが、まずはなぜかホットケーキをたこ焼きの専用の鉄板で焼きました♪

 

 

ちょうど左下の焼きあがっている丸い食べ物がホットケーキをたこ焼きの鉄板で焼いたものです。

横にナイフがあって、ちょっとした狂気な写真に仕上がってます(笑)

作ったホットケーキはたこ焼きの形をしていますが、甘くて食べやすく美味しかったです♪

 

そして次に今回のメインであるたこ焼きを焼きます。

 

 

初めてたこ焼きを焼きますといった男の子も、心理の先生と一緒に楽しくやっていく内に作業に慣れてきて、上手にたこ焼きを回して焼く事ができました。

 

そして出来上がったたこ焼きがこちら・・・

 

 

手作り感満載のたこ焼きですが、愛情いっぱいの出来でみんなで美味しく色んな調味料を試したりして、楽しく過ごしました。

 

たこ焼きの後は、全員で体育館に行き、キャッチボールやバトミントンなどをして、男の子も女の子も一緒に気持ちの良い汗をかいて過ごしました。

 

たこ焼きを作ったり運動をしたりすると、自然と人と人の会話が増え、協力したり一緒の目標に向かって連帯感が生まれるので、外に出るのが苦手な方でもいつもより多くの笑顔や会話を見る事ができました。

 

また、7月も2回ほど、わたくし三村が臨時スタッフとして入ります。

ピースフルでお会いした際はどうぞ宜しくお願いいたします!

 

このピースフルは月・火・木のお昼過ぎから夕方まで開かれています。

ご興味のある方は、福岡市こども総合相談センター(えがお館)まで連絡をされてみて下さい。

⇒福岡市こども総合相談センター(えがお館)のHPはこちら